Tracのチケット運用が軌道に乗ると・・・

プロジェクトでTracのチケット運用が軌道に乗り始めると
メンバが躍起になって、チケットをクローズしようとするが、
どうしてもクローズできないような長きに渡る課題が出てくる。
短いタスクはすぐ完了するが、長い課題は他の関連も多く
なかなかクローズするのが難しい。
こういった課題はさらに細分化して、チケットを置き換えると良い。

あと、これまでやってみた試みとして、
カーボンオフセットならぬ「チケットオフセット」(勝手に命名)という考え方。
これは、クローズできないチケットの代わりに他のチケットを先行で取り組み
クローズするという考え方。実際はチケットの重みが違うので正確ではないが、
遅れている分、他のチケットを先行して相殺し、プロジェクト全体で遅延チケットが
無いように見せかける。見せかけるというのは表現悪いが、一つの目安として考える。
マネージャは先行している分、余裕のある要因をチケットの進み具合を見ながら、
パワーシフトすれば良い。何よりもチームでカバーするという意識が大切。
その上でも見える化はやっぱり重要だと思う。